真心と安心をモットーに車のことならなんでも相談できる会社を目指して 代表取締役 澤田博美

板金・塗装業を始められた経緯を教えて下さい。

私は10代の頃、日本サルヴェージに勤務していました。
海難救助員として北はアラスカやベーリング海、南は沖縄まで全国を駆け巡り厳しい荒波と戦っていました。
厳しい先輩の元、海難救助という掛け替えの無い仕事を体験しました。
私にとって大切な時期であり精神的に強く育った時期だと思います。
その頃からその考え方を陸上に応用したいと思い、1982年(昭和57年)に創業しました。

どのようなこだわりをお持ちですか。

弊社のこだわりは『お客様のこだわりに対して、こだわりを持って仕事をする』事です。
お客様が求めるクオリティーに対して、それ以上のサービスを提供することに力を入れています。
職人の人に多い事なのですが、自分のこだわりが強いせいか、お客様の要望に全然応えていないと感じることがあります。
それは職人が独りよがりになっているだけで、サービスとしてのこだわりを追求しているものではありません。

最後にメッセージを下さい。

代表取締役 澤田博美

昔、車は家と同じで財産の様な存在でした。
しかし現在は物が溢れてしまい、人々のニーズも多様化、車は肩身の狭い存在となってしまいました。
環境に対しても厳しい世の中になってきましたが、一、車ファンとして、この仕事は続けていきたいですし、板金と塗装という技術はこれからも無くならない技術であると思います。
弊社では車の事なら何でも相談できる企業を目指してきました。
どんな小さな事でも構いませんので、お気軽に問い合わせてください。

作業対象車は軽自動車から外国車まで Our factory will work from compact cars to foreign cars. お気軽にお問い合わせください 0138-49-3900